Guide

ひとつのプラットフォームであらゆる要素を一元管理

About the Guide

ハイブリッド型のeコマース戦略を採用するべき5つの理由

B2BとB2Cの双方に対応するコマースプラットフォーム

コマースビジネスにおけるB2BとB2Cの境界線は、曖昧になりつつあります。B2C企業は卸売ビジネスにも進出し始めており、B2B企業は消費者への直接販売を強化しています。米国におけるB2B向けeコマースの取引高は、今年だけで9兆米ドルに達しており、多くの小売業者がシェアの獲得に乗り出しています。

今日のコマースビジネスで成功するには、ハイブリッド型のプラットフォームが不可欠です。その理由を、アドビのガイドでご確認ください。

このガイドでは、ハイブリッド型eコマースを推進するべき主な理由について説明します。

  • CRMやERPなどの複数のシステムをひとつのプラットフォームに統合し、業務を簡素化
  • 多様なビジネスモデルに対応して、差別化を推進
  • B2Bコマースに、B2Cのような顧客中心のエクスペリエンスを適用
  • 将来性を確保し、新たな収益源を構築
  • 在庫管理の統合を図り、B2BとB2C双方の顧客に合わせてカスタマイズされた商品オファーを提供

(本レポートは英語となります)

One Platform to Rule Them All

Download White Paper

登録フォームに必要情報をご入力ください。

ご登録
ありがとうございました。
以下よりご希望の資料を
ダウンロードいただけます。

ダウンロード